関連論文

  1. Aoki T, Yamamoto Y, Fukuhara S. Comparison of primary care patient experience in hospital-based and community-based office practices in Japan. Ann Fam Med. 2019 (in press).

  2. Aoki T, Fukuhara S, Yamamoto Y. Development and Validation of a Concise Scale for Assessing Patient Experience of Primary Care for Adults in Japan. Fam Pract. 2019 (Epub ahead of print).

  3. Aoki T, Urushibara-Miyachi Y. A qualitative study of socially isolated patients’ perceptions of primary careJ Gen Fam Med. 2019;20(5):185-9.

  4. Kato D, Ryu H, Matsumoto T, Abe K, Kaneko M, Ko M, Irving G, Ramsay R, Kondo M, Building primary care in Japan: Literature reviewJ Gen Fam Med. 2019;20(5):170-9.

  5. Kaneko M, Aoki T, Mori H, Ohta R, Matsuzawa H, Shimabukuro A, Motomura K, Inoue M. Associations of Patient Experience in Primary Care with Hospitalizations and Emergency Department Visits on Isolated Islands: A Prospective Cohort StudyJ Rural Health. 2018 (Epub ahead of print).

  6. Kijima T, Akai K, Matsushita A, Hamano T, Onoda K, Yano S, Nabika T, Ishibashi Y, Kumakura S. Development of the Japanese version of the general practice assessment questionnaire: measurement of patient experience and testing of data quality . BMC Fam Pract. 2018;19:181. 

  7. 青木拓也、田口空一郎. プライマリ・ケア施設の第三者評価:諸外国の現状と我が国への示唆日本プライマリ・ケア連合学会誌. 2018;41(4):179-183.

  8. Aoki T, Yamamoto Y, Ikenoue T, Urushibara-Miyachi Y, Kise M, Fujinuma Y, Fukuhara S. Social Isolation and Patient Experience in Older AdultsAnn Fam Med. 2018;16(5):393-8.

  9. 青木拓也. Patient Experience (PX)に影響を及ぼす地域医療機関の要因に関する研究Monthly IHEP. 2018;280:29-31.

  10. Aoki T, Yamamoto Y, Ikenoue T, Kaneko M, Kise M, Fujinuma Y, Fukuhara S.  Effect of patient experience on bypassing a primary care gatekeeper: a multicenter prospective cohort study in Japan .       J Gen Intern Med      . 2018;33(5):722-8

  11. Aoki T, Inoue M.  Association between health literacy and patient experience of primary care attributes: A cross-sectional study in Japan . PLoS One. 2017;12(9):e0184565.

  12. 日本医師会総合政策研究機構. 第6回 日本の医療に関する意識調査. 日医総研ワーキングペーパー. 2017-07-11. 

  13. Aoki T, Ikenoue T, Yamamoto Y, Kise M, Fujinuma Y, Fukuma S, Fukuhara S. Attributes of Primary Care in Relation to Polypharmacy: A Multicenter Cross-Sectional Study in JapanInt J Qual Health Care. 2017;29(3):378-83.

  14. 青木拓也、福原俊一. プライマリ・ケア主要国際学術誌における日本の論文数シェア日本プライマリ・ケア連合学会誌. 2017;40(3):126-30.

  15. D’Avila, et al. The use of the Primary Care Assessment Tool (PCAT): an integrative review and proposed updateCiencia & saude coletiva, 2017;22(3):855-65.

  16. 岡田唯男. 地域医療における医療の質と患者安全 日本プライマリ・ケア連合学会における医療の質・患者安全委員会の活動とあわせて. 医療の質・安全学会誌. 2017;12(1):30-5.  

  17. Aoki T, Inoue M. Primary Care Patient Experience and Cancer Screening Uptake Among Women: An Exploratory Cross-Sectional Study in a Japanese Population. Asia Pac Fam Med. 2017;16(3).

  18. Aoki T, Miyashita J, Yamamoto Y, Ikenoue T, Kise M, Fujinuma Y, Fukuma S, Kimachi M, Shimizu S, Fukuhara S. Patient Experience of Primary Care and Advance Care Planning: A Multicenter Cross-Sectional Study in JapanFam Pract. 2017;34(2):206-12.

  19. Inoue M. Improving Quality of Care through Primary Care ResearchJ Gen Fam Med. 2016;17(4):267-9.

  20. Aoki T, Inoue M, Nakayama T. Development and Validation of the Japanese version of Primary Care Assessment ToolFam Pract. 2016;33(1):112-7. [2018年Oxford journals (public health)のhighly cited articlesに選出]

  21. 青木拓也. プライマリ・ケアの質評価-患者経験を中心として. 日本プライマリ・ケア連合学会誌. 2015;38(1):40-4.

 

 

関連学会発表・講演等

  1. 青木拓也. 測定尺度の開発と活用. 米国内科学会日本支部年次総会 2019年6月.

  2. 青木拓也. PXとPS. 日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会 PXE養成講座 2019年6月.

  3. Aoki T. Primary care system and research activities in Japan. WONCA Asia Pacific Resional Conference 2019 2019年5月.

  4. Iwakuma M, Aoki T. Patient Experience of Japanese people with Disabilities. WONCA Asia Pacific Resional Conference 2019 2019年5月.

  5. Helen Susan Crawley, et al. Practical tools for local, self-directed quality improvement in primary care practice. WONCA Asia Pacific Resional Conference 2019 2019年5月.

  6. 金子惇, 青木拓也, 後藤亮平, 小曽根早知子, 春田淳志, プライマリ・ケアにおける高齢患者のPatient Experienceと予防接種実施との関連:PROGRESSデータベース分析. 第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2019年5月. 

  7. 青木拓也, 山本洋介, 福原 俊一. 短縮版Japanese version of Primary Care Assessment Toolの開発と検証:PROGRESSデータベース分析. 第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2019年5月.

  8. 医療の質・患者安全委員会. インタラクティブセッション 医療の質・患者安全に関する啓発的セッション. 第10回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2019年5月.

  9. 青木拓也. 家庭医療・総合診療と臨床研究. 家庭医療・総合診療と臨床研究. 2019年2月.

  10. 青木拓也. 医療・介護の質評価:「患者満足度」から「患者経験」へ. 日本医療福祉生協連事業所利用責任者会議. 2019年2月.

  11. 中野光司, 幡手泰彦, 三浦源太. プライマリ・ケアの質に関する多施設サーベイランスに参加して. 大分県国保学会 2018年11月.

  12. 青木拓也. 研究におけるジェネラリズムの発揮. 日本プライマリ・ケア連合学会 専門医部会フォーラム2018 2018年11月.

  13. Kaneko M, Aoki T, Funato M, Yamashiro K, Kuroda K, Kuroda M, Saishoji Y, Sakai T, Yonaha S, Motomura K. Does Better Patient Experience Reduce Admissions for Ambulatory Care Sensitive Conditions? Multicentered Prospect Cohort Study in Isolated Islands. North American Primary Care Research Group 46nd Annual Meeting 2018年11月.  

  14. Goto R, Haruta J, Ozone S. Patient Experience of Primary Care Attribute: A Cross-Sectional Study in Clinics and a Small Hospital in Japan. North American Primary Care Research Group 46nd Annual Meeting 2018年11月.  

  15. 青木拓也. PXの測定と活用:国内外の事例の紹介. 第1回PXフォーラム 2018年11月.

  16. 岩隈美穂. 障がい者の高齢化:アンケートとインタビューによるミクストメソッド調査. 第41回総合リハビリテーション研究大会 2018年10月.

  17. Aoki T. Current situation and future perspective of primary care research in Japan. WONCA World Conference 2018 2018年10月.    

  18. 青木拓也. 患者視点の医療の質指標:Patient Experience (PX). 第113回近畿病歴管理セミナー 2018年6月. 

  19. 青木拓也. プライマリ・ケアの質評価・改善を目的としたサーベイ・データベース(PROGRESS). 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  20. 任明夏, 春田淳志, 後藤亮平, 小曽根早知子, 浜野 淳. プライマリ・ケア質評価尺度を用いた、診療所・小病院の施設間比較と分析. 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  21. 上田篤志, 後藤亮平, 春田淳志, 小曽根早知子, 浜野 淳. 診療所・小病院における医療従事者が認識する多職種連推進プロセスの探索」:ホラクラシー型地域への変容携協働と患者が捉えるプライマリ・ケアの質との関連. 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  22. 金子惇, 青木拓也, 本村和久, 太田龍一, 森英毅, 松澤廣希, 島袋彰. プライマリ・ケアにおける Patient Experience が入院及び救急室受診に及ぼす影響:多施設前向きコホート研究. 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  23. 宮﨑景. 診療所における COPC の試み~トランスレーショナルリサーチ 第一報. 第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2018年6月.

  24. 青木拓也. Patient Experience (PX):プライマリ・ケアにおける患者報告型プロセス評価の取り組み. 米国内科学会日本支部年次総会 2018年6月.

  25. 青木拓也. プライマリ・ケア第三者評価制度の国際比較. 医療の質に関する研究会シンポジウム 2018年5月.

  26. 青木拓也. プライマリ・ケアにおけるPXの活用〜実践と研究の両輪〜. PX研究会 2018年5月.

  27. 青木拓也. 患者中心の医療:「患者満足度」から「患者経験」へ. 日本医療福祉生協連利用者委員会. 2018年2月.    

  28. 青木拓也. プライマリ・ケアの質がポリファーマシーに及ぼす影響. 第24回ヘルスリサーチフォーラム 2017年12月.

  29. 青木拓也, 金子惇, 山本洋介, 池之上辰義, 喜瀬守人, 藤沼 康樹, 福原 俊一. プライマリ・ケアにおける Patient Experience(PX)がケアのバイパスに及ぼす影響. 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月. [日野原賞(学会賞)受賞]   

  30. 医療の質・患者安全委員会. 教育講演 医療の質・患者安全についての基本的知識. 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月.

  31. 北海道家庭医療学センター. WS あなたの診療所はホントに「いい診療所? ~診療所の質評価から改善までやってみよう~.  第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月.

  32. 福井慶太郎, 草場鉄周, 山田康介, 佐藤弘太郎. 8つのプライマリ・ケア診療所での横断的な質改善活動. 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月.

  33. 志田幸太, 宮﨑景. 診療所における診療の質改善プロジェクト JPCATを用いて患者中心性の質を評価、改善する 第一報. 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2017年5月.

  34. 青木拓也. 医療・介護の質改善に「患者視点のQI」をいかに活用するか. 医療福祉生協連QI研修会. 2017年1月.

  35. Aoki T, Miyashita J, Yamamoto Y, Ikenoue T, Kise M, Fujinuma Y, Fukuhara S. Association between Social Isolation and Patient Experience in Elderly People: A Multicenter Cross-Sectional Study of Primary Care in Japan. North American Primary Care Research Group 44nd Annual Meeting 2016年11月.

  36. Aoki T, Inoue M. Comprehensive Primary Care is Associated with Patient’s Health Literacy: A Population-based Study in Japan. North American Primary Care Research Group 44nd Annual Meeting 2016年11月.

  37. 医療の質・安全委員会WS. 第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2016年6月.

  38. 青木拓也, 井上真智子. 患者経験に基づくプライマリ・ケアの質と女性の癌検診受診との関連. 第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2016年6月. 

  39. 青木拓也. 患者経験に基づくプライマリ・ケアの質評価. 医療の質に関する研究会シンポジウム. 2016年5月.   

  40. 診療所質改善WS. 第11回日本プライマリ・ケア連合学会 秋季生涯教育セミナー 2015年11月.

  41. Aoki T, Inoue M. Impact of Primary Care Quality Assessed by Patient Experience on Self-rated Health and Cancer Screening Uptake in a Japanese Population. North American Primary Care Research Group 43nd Annual Meeting 2015年10月.

  42. 青木拓也. プライマリ・ケア現場で使える質評価・質改善ツール. 地域医療エキスパート塾. 2015年9月. 

  43. 青木拓也, 井上真智子, 中山健夫. 日本におけるプライマリ・ケア質評価尺度の開発. 第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2015年6月. [日野原賞(学会賞)受賞]

  44. 青木拓也. 日本におけるプライマリ・ ケア質評価の可能性. 東京大学プライマリケア研究会. 2014年12月. 

  45. 青木拓也, 井上真智子. プライマリ・ケアの質評価尺度に関する文献検討. 第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 2014年5月.

 

 

書籍・雑誌・メディア

  1. Patient Experience(PX)に関する研究─国際的に注目を集める患者視点の医療の質指標. 日本医事新報 2019年8月17日.

  2. 日本における診療所プライマリ・ケアの質を評価する. 新・総合診療医学 診療所 総合診療医学編 第3版. カイ書林.

  3. プライマリ・ケア言始め ケアの経験(patient experience:PX)を測定する②. プライマリ・ケア 2019年秋号.プリメド社.

  4. プライマリ・ケア言始め ケアの経験(patient experience:PX)を測定する①. プライマリ・ケア 2019年夏号.プリメド社.

  5. PXの測定と活用. 医事業務 2019年2月1日号. 産労総合研究所.

  6. 患者経験価値という概念、ご存じですか? 「患者満足度調査」を超える新しい手法. Medical Tribune 2018年12月17日.

  7. プライマリ・ケアの質に関する研究 ─ヘルスサービス研究─. 治療 2018年7月号. 南山堂.

  8. 若手研究者が見た研究の世界. プライマリ・ケア 2017年秋号. プリメド社.

  9. Patient Experience (PX) を用いたプライマリ・ケアの質評価・改善. 週刊医学界新聞 2017年8月7日.

  10. :医療・介護の質改善に「患者視点のQI」をいかに活用するか. Review and Research. 日本医療福祉生協連.

  11. プライマリ・ケアの新指標「PX」の効果確認 医療資源の適正利用を促す効果も期待. 日経メディカル 2017年5月17日.

  12. 臨床研究の道標 総合診療各論編 プライマリ・ケアの質を測るPrimaria 2016年2月号.

  13. 日本のプライマリ・ケア質評価尺度JPCATを開発. Medical Tribune 2015;48(30,31):8.

 

Copyright 

日本におけるプライマリ・ケア質評価指標開発研究班

All rights reserved. 

 

 

 

  

連絡先(サイト運営者)

青木拓也

京都大学大学院医学研究科 医療疫学分野

本サイトに関するお問い合わせ

jpcat204[at]gmail.com