プライマリ・ケアの質評価

 

プライマリ・ケアは医療システム全体の質を向上させる上で、大きな役割を担う分野であり、その充実は地域の健康指標(年齢調整死亡率等)の改善、所得階層別の健康指標格差の減少、地域住民当たりの平均医療費減少等と関連することが指摘されています[1〜3]。

そのため各国がその質を評価するための取り組みを推進しています。人口高齢化とそれに伴う疾病構造の変化、医療費負担の増加によって、 我が国でもプライマリ・ケアの質を評価し、向上に繋げる重要性は一層高まっています。

 

2001年米国Institute of Medicine(IOM)が報告した『Crossing the Quality Chasm : A New Health System for the 21st Century』では、質向上の目標として以下の6つが提言されました[4]。

1) 有効性

2) 安全性

3) 患者中心性

4) 適時性

5) 効率性

6) 公平性

これらの目標を達成するために、プライマリ・ケアの質を以下の2つの概念に分けて考えることができます。

 

 ▶︎ プライマリ・ケアの特性 

プライマリ・ケアを定義付ける特性。

1978年IOMが提唱したACCCA(Accessibility、Comprehensiveness、Coordination、Continuity、Accountability)[5]、

Saultzが示したACCCCAccess to CareComprehensive CareCoordination of CareContinuity of CareContextual Care[6]

Starfieldの4つの理念(First contact、Longitudinality、Comprehensiveness、Coordination)[7]等。

患者中心性、適時性、公平性との関係が深い。

本サイトで公開しているJPCATJapanese version of Primary Care Assessment Tool患者中心性の評価手法である患者経験Patient Experience)を用いて、プライマリ・ケアの特性を評価する尺度です。

 

 ▶︎ プライマリ・ケア提供者が遂行すべきタスク 

各々がプライマリ・ケアに特徴的な機能ではないが、質を評価する上で重要な概念。

小児から高齢者にわたるコモンディジーズのケア、予防医療、緩和ケア、リハビリテーション、産業保健、学校保健、家族計画、遺伝相談、リスクマネージメント、効率性の高いケア等[8]。

有効性、患者安全、効率性との関係が深い。

欧州や米国を中心に、タスクのQuality Indicator(QI)開発が試みられています。一般的にタスクの評価には医療情報基盤の整備と標準化が必要です。我が国でもNational Databaseや標準化ストレージが開発されていますが、他の先進国と比較し整備は遅れています。

 

                                     

参考文献

1. Starfield B, et al. Contribution of primary care to health systems and health. Milbank Quarterly 2005;83(3):457–502.

2. Starfield B, et al. The effects of specialist supply on populations’health: assessing the evidence. Health Affairs 2005;W5:97-107.

3. Franks P, et al. Primary care physicians and specialists as personal physicians. Health care expenditures and mortality experience. The Journal of family practice. 1998;47(2):105-109.

4. Institute of Medicine. Committee on Quality of Health Care in America. Crossing the quality chasm: A new health system for the 21st century, National Academies Press, 2001, 360p.

5. Institute of Medicine. A Manpower Policy for Primary Health Care: Report of a Study, Washington,DC: The National Academies Press, 1978, 120p.

6. Saultz JW. Textbook of family medicine, McGraw-Hill, Medical Professions Division, 2001, 830p.

7. Starfield B. Primary care: balancing health needs, services, and technology, Oxford University Press, 1998, 438p.

8. Rivo ML, et al. Defining the generalist physician's training. JAMA 1994;271(19):1499-1504.

9. 青木拓也. プライマリ・ケアの質評価-患者経験を中心として. 日本プライマリ・ケア連合学会誌 2015;38(1):40-44.

 

 

 

次のページでは、質評価の手法であるPatient Experience(PX)について説明します。

 

Copyright 

日本におけるプライマリ・ケア質評価指標開発研究班

All rights reserved. 

 

 

 

  

連絡先(サイト運営者)

青木拓也

京都大学大学院医学研究科 医療疫学分野

本サイトに関するお問い合わせ

jpcat204[at]gmail.com