Patient Experience: PX

 

Patient Experience: PX邦訳は患者経験患者住民ケアプロセスの中で経験する事象」と定義することができます。PXは患者中心性(patient-centeredness)を評価する手法のひとつです。患者中心性は医療の質の構成要素として重要な概念であり、患者の価値観・ニーズ・意向を尊重した医療の提供を意味します。

 

1980年代以降、患者中心性の側面から医療の質を測定する様々な試みがなされるようになり、当初は患者満足度が、患者の視点から医療の質を評価する手段として頻繁に用いられていました。しかし患者の主観的な印象・評価である患者満足度を評価しても、その結果を数量化して比較することも、そこから改善すべき問題点を抽出することも困難でした。

これに対しPXは、受療中に遭遇した具体的事象を訊ねることで、客観的な質評価データを得ることができ、質向上のための具体的な課題の発見、多施設との比較、経時的な質の変化の把握を可能にする方法として、様々な分野で利用されるようになりました。

米国ピッカー・コモンウェルス・プログラム等はその先駆けとなった活動です[1]。

 

現在では、PXはPopulation Health、Per Capita Costと並んで医療の質のTriple Aim(3つの大目標)に掲げられるほど、その重要性が認識される様になりました。すなわちPXは臨床的な質の代用指標ではなく、独立した構成要素の一つです。

参考文献[2]より引用

 

多くの先行研究により、PXは、他領域の質指標や健康アウトカムとの関連が指摘されています[4,5]。

PXは、有効性のプロセスである臨床的な質指標(疾患マネージメントや予防医療)や患者安全と関連があることが分かっています。

加えて、患者のアドヒアランスや疾患のセルフ・マネージメント、医療資源の適切な利用等を介して、健康アウトカムを改善させることも指摘されています。

 

PXは、特にプライマリ・ケアの質評価を行う上で重要な手法です。その理由としては以下が挙げられます[3]。

1) プライマリ・ケアでは患者の価値観やコンテキストを特に重視するため、患者中心性は質評価に必要不可欠な要素である。

2) プライマリ・ケアの特性は、その潜在的な機能ではなく、実際に患者や住民に認識・利用されている機能が評価される必要がある。

3) プライマリ・ケアの特性の評価は、タスクの評価と比較し、医療者-患者間の情報の非対称性が生じにくい。

 

欧州や米国では、プライマリ・ケアの質を評価するため、計量心理学的特性が検証されたPX尺度が複数開発されています。

実際にそれらが、プライマリ・ケアにおける診療報酬成果払いシステムや、診療所単位での質公開、専門医試験、プライマリ・ケア施設評価の認証基準等に利用されています英国のGP Patient Survey (GPPS)や米国のConsumer Assessment of Healthcare Providers and Systems (CAHPS)はその例であり国が取り組みを主導しています 

 

このようにPXは、患者にとっての価値に主眼を置いており、ヘルスケア・システムの中でも特に患者中心性の責任を担うプライマリ・ケアにおいて、注目されている質評価の手法なのです。

(※ただしPXだけでなく、様々な側面から医療の質は評価されるべきです。)

参考文献

1. マーガレット・ガータイスほか. ‪ペイシェンツ・アイズ: ‪患者中心の医療・介護をすすめる七つの視点, 日経BP社, 2001, 336p.

2. 米国医療の質改善研究所 (Institute for Healthcare Improvement). http://www.ihi.org/engage/initiatives/tripleaim/pages/default.aspx

3. 青木拓也. プライマリ・ケアの質評価-患者経験を中心として. 日本プライマリ・ケア連合学会誌 2015;38(1):40-44.

4. Doyle C, et al. A systematic review of evidence on the links between patient experience and clinical safety and effectiveness. BMJ Open. 2013;3(1):1–18. 

5. Anhang Price R, et al. Examining the role of patient experience surveys in measuring health care quality. Med Care Res Rev. 2014;71(5):522–54. 

 

次のページでは、

我が国のプライマリ・ケア質評価尺度であるJPCAT(Japanese version of Primary Care Assessment Tool)について説明します

 

 

 

Copyright 

日本におけるプライマリ・ケア質評価指標開発研究班

All rights reserved. 

 

 

 

  

連絡先(サイト運営者)

青木拓也

京都大学大学院医学研究科 医療疫学分野

本サイトに関するお問い合わせ

jpcat204[at]gmail.com